スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
鹿男あをによし
鹿男あをによし


          鹿男あをによし


いっやぁ~~~、よかったですぅ~~~(ToT)
泣かされます・・・・・大団円!

やはりテレビで見なくてよかった・・・ただのギャグになってしまう。

雌


去年の秋、奈良で出会った雌鹿さんです。
私も話しかけられたかった・・・鹿女にはなりたくないですがA^_^;
なんだか、いい雰囲気のある雌鹿さんでした・・・・・。

「鹿男あをによし」舞台は奈良でしたが、
最近、京都だけではなく、奈良にもはまってて、
本編の舞台はすべて目に浮かぶし、時々話しにあがってくる、
京都のそこかしこも、よぉ~く知ってるところなので、
すっかり、お話の中に入り込めました。

あっ・・・・・つー間に読み終えてしまいました≧□≦モッタイナイ.......

面白い本ってのは、まじであっと言う間に読めてしまうので、
ほんとにもったいないです。

ま、面白くない本も、催眠剤の代わりになるので、悪くはないですが(^v^)


ここんところ、図書館に予約してたほんが目白押しなので、
今晩もまた読書です(=_=)ネ、ネムイ.........

今晩は、森見登美彦再びです!
後輩は甘やかしてはならないので、ひたすら図書館通いです♪( ̄∀ ̄)♭




スポンサーサイト
[2008/03/17 23:08 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
鴨川ホルモー
鴨川ホルモー


            鴨川ホルモー

今回は万城目学氏の「鴨川ホルモー」をご紹介!
再び、後輩君の登場です。

何年経っても、同じような子が同じような学生生活を送ってるんだなぁ~(ToT)
・・・・って、しみじみです(^v^)

百万遍のオランジュ・・・なんて、懐かしいお店の名前も現れ・・・
今もあるのかなぁ~(゜-゜)

時をへだてても、同じ熱い物を感じます。

森見登美彦ほどは、京都の街を縦横無人に飛び交ってはくれませんが、
まさに、私の行動範囲内をうろうろうろうろしてくれます。

第二弾は、あえてTVドラマでは見なかった「鹿男あをによし」
今晩は眠れそうにありません≧□≦
[2008/03/16 00:03 ] | 読書 | コメント(2) | トラックバック(0)
ちりとてちん!
インフルエンザで寝込むこと三日間。
何も食べず、寝ること寝ること・・・しかし身体(特に腰)が痛い。
苦しみもがいているところへ、午後三時頃・・・
何故か聞こえてくる『ちりとてちん』らしき物音・・・つけっぱのTV

なんと、『ちりとてちん』の中に出てくる落語を放送してくれてる(◎_◎;)

第一日目・・・愛宕山(桂分枝)......年いったなぁ~≧□≦
第二日目・・・辻占茶屋(林屋染丸).....昔の名前はなんじゃろか(ーー;)コノヒトシラン.....
第三日目・・・ちりとてちん(桂べかこ).....枝雀の一番弟子(・へ・)ナンコーナンテヨバンゾーーー!!

そして明日午前3時より「立切線香(桂分枝)」......このネタを深夜はこわい≧□≦
さらに明日午後3時からは「はてなの茶碗(桂米朝)」


さてさて、どこまで続けてくれるのか・・・・・
やっぱ、文珍の算段の平兵衛はやって欲しい

でも、ほんまは枝雀の平兵衛で見たいな~~(ToT)


[2008/03/06 21:15 ] | エンタテインメント | コメント(2) | トラックバック(0)
あの日に帰りたい。京都。
k2_s


へ行ってきました。
そ・・・いつも新幹線から見てる五重塔(東寺)へ・・・。

お天気が今一つで寒かったですが、梅がきれいでした。
特別公開で五重塔の中を見せてもらい、満足満足(^v^)

k4_s


そして次に訪れたのは「六道さん」
ここはこの世とあの世の分かれ道、門をくぐると帰ってこられない≧□≦ナーンチャッテ.....
このお寺には井戸があって、ここは冥界へと繋がっているとか・・・・(◎_◎;)キャーーー!!

k1_s


ちょっとピンボケ写真ですが・・・撮影不可だったので、こっそり写真を接写A^_^;
何故こんなマニアックなところに・・・というと・・・

もぉ~、森見登美彦にはまりまくっております。
めっちゃ、汗臭そう~な彼の学生生活を彷彿させる話ばっかなのですが、
文章も構成も素晴らしいものがあり、はまってしまいました。
彼の小説の中の登場人物、特に主人公のフットワークは軽く、
京都の町なかを縦横無尽に走り回る。
メロスも走る(^v^)

走れメロス

        新釈 走れメロス 他四篇

彼の小説を読むとき、京都の地図はなくてならない。
細かいところ・・・忘れちゃってる(>_<)
そして、主人公の行くところ行くところ、あたしも行きたくなる。
 
そしてこの「六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)」が登場するのが「有頂天家族」

有頂天家族

           有頂天家族

蛙に変身した弥二郎が住み着いたのが写真の井戸。
そこへ、主人公弥三郎、弥三郎の元婚約者海生星達が会いに来る。
誰でも入れるんだと思いきや・・・しっかり蓋をされ近寄る事さえ出来ませんでした。

冥界に通じるっつーんで、アホな事考える奴がいるんだろうな~>┐( ̄ー ̄)┌ヤレヤレ....

k5_s


そして、次にやって参りました鴨川デルタ。
実は、学生時代、このすぐ近所に下宿しており、
ここ、賀茂大橋もけっこう渡っていたんだけど・・・・。
鴨川デルタ・・・京大生が新歓コンパはバーベキューなどで、
最近、めちゃ盛り上がる場所だそうなのだが・・・
私達の時は、なかったなぁ~~(-_-;)イツノコッチャァーー?!

そしてここ鴨川デルタが舞台となるのが「四畳半神話大系」

四畳半神話大系

          四畳半神話大系


誰もが思うように、あの時、あの場所からやりなおせたら・・・・・・
ってな感じのお話ですが・・・・・


『あの日に帰りたい。京都。』


京阪電車のポスター、東寺の立体曼荼羅の写真・・・
残念ながら、講堂内、写真撮影禁止だったので、
ポスターの絵はありませんが・・・・・


じたばたしても結果は同じ・・・『四畳半・・・』を読んで、
やっぱ、そ~だよね~と思いました≧□≦

そして最後はやはり天神さん・・・

k6_s


北野天満宮と梅の花♪( ̄∀ ̄)♭
毎週のように天神さんにはワン子達とお参りしてるんだけど、
この時期、行かずしていついくのぉ~って感じなので・・・。
梅、きれいでしたよぉ~♪

そして天神さんでみつけたかわい子ちゃん(^v^)

k7_s


盛りだくさんの京都を楽しみ、
出町ふたばの豆大福、おたべ、すはま団子、御池せんべい、志津屋のパン
・・・などなど、大好きシリーズを買い求め
家路へとたどり着いたのでした・・・満足満足(^v^)
[2008/03/02 19:32 ] | 読書 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。